忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
あれからひたすらガンダムUCの続きを探しては買って読むの繰り返し。
で、やっと全10巻読み終わりました。
いい歳こいて夢中になっちゃったよ。
ただ、箱の中身が結構早い段階でわかっちゃうのと、オマージュ要素が最後までひたすら寒くて残念。
盛り上がってきた所に必ずといっていいほどぶっこんで現実に引き戻してくれるから、いい休憩ポイントになってたぐらいに受け付けなかった。
…そのオマージュ要素が良いって人もいるんだろうが。
とは言うものの、何だかんだで最後まで楽しめてた。

てなわけで、そろそろ次にやるゲームを考えるか。
PR
G
ガンダムUCはアニメが終わってから一気に観ようかなと思ってたんだけど、先日ZZのアニメを一気に観て思い直す。
アニメはアニメで観るとしても、私の事だから観ようと思いつつ終わってから更に数年先になるだろうと予想できるので、少し面倒だけど話が気になるから原作で読んでしまおうと試しに3巻まで買ってきた。
…今更だけどね。
つまらなかったら原作読むのやめてアニメで観ときゃいいし。
で、さっそく読みはじめたが宇宙世紀の初めから説明してくれててプロローグからいきなり面白いじゃないか。
そして、漫画のような読みやすさ。
まあ、これからどうなるかわからないけど、全巻買っておいてゆっくりと楽しむかな。
しかし、1巻が出たの2007年って…もう7年も前なのか;
…本当に時間加速してないか?
2000年過ぎたぐらいから時の経ち方が信じられないくらい早くて混乱する;
全然、ご乱心じゃないよ。
いつの時代もこういう枠は必要。

というわけで、単行本待ちしてましたよ。
読み切り版のインパクトそのままに続けばいいなー。
「ファミコンとその時代」なかなか面白かった。
内容についてはレビューなんかも多いみたいだからそちらを参考にするといいと思う。
個人的にはファミコンが売れた背景やその時代の立ち位置、世相を整理された状態で認識できたのが良かった。
初ゲームはゲーム&ウォッチとかファミコンだったと思うけど、実際のところ微妙にズレててファミコン世代とは言えないので発売当初のリアルな反応なんかは、こう言った本や当時を知る人に話を聴くしかないのでありがたい。
ただ、世代としては重なる部分もあって当時を振り返ると確かにこんな感じだったなとか再認識ができて懐かしい部分もあった。
とりあえず、ネットとかゲーム雑誌などなどで断片的に頭に蓄積されてたのが本を読み進めるうちに整理された印象。
買って良かった。

…内容とは関係ないけど、これソフトカバーでも出ないかな。
この手の本は気を使わずにしっかり読みたいんだけど、ハードカバーなもんで綺麗な状態で保管しておきたいみたいな心理が働いて読むのに気を使うんだよね;
やっと手に入れた。
「ファミコンとその時代」

欲しかったんだよ。
長いこと探したものの近場で売ってないので、ネットで取り寄せることにした。
ファミコンを作った人が書いてるんだから内容には期待してます。

しかし、今はゲーム研究で学部まであるのか…。
是非、後世まで実機で遊べるようにハードの保存、修理方法なんかを研究して広めてくれないだろうか。
レトロゲームの修理マニュアル的なものを書籍として出してくれるなら買いたい。
…って最初数ページだけ読んだけど、そういう研究じゃない感じだね。
まあ、その辺はいいや。
私は実機で遊べてればそれで満足。
とりあえず、せっかく手に入れたことだし読むか。
カウンター
プロフィール
HN:
hige88
性別:
男性
趣味:
古いゲームや漫画などなど
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7 8
11 12 15 16
20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
(09/19)
(09/18)
(09/17)
最新CM
[09/16 hige88]
[09/15 さよ]
[09/11 hige88]
検索
忍者ブログ [PR]